drama, review

視聴のきっかけ|愛の不時着01

わたしがこのドラマを見たのは、2020年の4月の頭にから。3月に、映画「パラサイト」を見て面白かったのと、そこに描かれていた社会事情の描写や格差を見て、これまで気にしてこなかった隣国に関心を持ち始めたタイミングでした。

わたしは空想屋で「フィクション」が好きで、お話にも感情移入しやすいタイプ。読書や映画も好きですが、ドラマを見るのもかなり好きです。日本のドラマについてはかなり多く見てきたほうだと思います。恋愛が中心のものよりも、人間関係が広く描かれているものや、ファンタジー、ミステリー、歴史ものなどが好み。「愛の不時着」は、荻上チキさんが、ラジオで紹介されているのを聞いて知りました。Netflixで配信されているおすすめドラマとしてラジオで紹介されていました。“韓国人の女性が事故で北朝鮮に行ってしまい、それを見つけた北朝鮮兵士たちが、彼女をどうにか韓国に戻してあげようと奮闘する話”というような感じで紹介されていました。

北朝鮮についてははっきりしないことも多い国というイメージで、しかも停戦中とはいえ敵対している国に一般の韓国人女性が行った場合、現地の人たちはどういう対応をするのだろう…と思いましたが全く想像できないですし、さらには北朝鮮の国内の様子がどういう感じなのかも想像できません。でもこのお話の中では、彼女を助けてあげることを選ぶ若い兵士の姿が描かれているということを知り、そのストーリーの先を見てみたいなと思いました。

アイキャッチの引用元:http://program.tving.com/tvn/stranger

One thought on “視聴のきっかけ|愛の不時着01

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です